読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分で死なずにすむ方法があればよかったのに。

誰かが言ってたんだけど…死にたいのは今の現実から逃げたいのであって、けっして死ぬのが目的ではないらしい。

じゃぁ…死にたいわけじゃない。
そうだよな…。

仕事から、人間関係から、とにかくとにかく今の現状から逃げたいし、逃げても逃げてもその先に明るい未来を見いだせずさらに悪い状態が待っているのではないかと不安に思うから、すべてをなくして逃げたい、どうすればすべてをなくせるかと考えれば考えるほど死にたいんだと思う。


こんな順序だてた思考じゃなく、ただ感情がめぐりめぐりそこに行きつくんだろうな。


死ぬ勇気があれば何でもできると思いがちだけど、その頃には「生きる為の勇気」が必要になっているわけで、死ぬ為の勇気より生きる為の勇気がたくさんいる状態になったら、死ぬ方が簡単なんじゃないのかな。


私は自分で死んだことないからわからないけど…たぶん、つらいことがあった後には新しく楽しいこともあるはずと思いこもうとしたりしながら、落胆と希望の気持ちを交互にひっきりなしに入れかえて いるうちにその時がくるんだと思う。


要領よくメンタル強く生きてる人がやっぱり最強なんだな。私はあんまり好きじゃないけど。


美化する訳じゃないけれど、不器用で、自分を押さえて要領よくしようとしても結局不器用で、逃げ切れず、自分で死んでいってしまった人を認めてあげたくなる。


バカにしたくないし、なんとかその死を無駄にせず、死ぬことでしか逃げられなかった理由に対して訴えかけたいし、何かのカタチで思い知らせたくなる。


けどそれは正しいことではないし、私がすることではないからなにもしないけど。


あんなにたくさん悩んで考えて、あげくに、死んでも、その感情はもうないわけで。ああよかったとか…ほっとしたとか…感じることもできなくて。しんどい思いをすることはないけど、しんどい思いをする身体もないから、逃げたことになるのか…。


それも価値観か。


私は電通の女性も、青森の女の子も知らないけど。
この死について色々考えました。


彼女たちの死を考えることが彼女たちの望んでいたことか。また、残された人たちも、彼女たちの死から何かが動きだせば少しは浮かばれるのか。



…答えがないからできるなら自分で死なずにすむ、他の方法が見つけられるといいなと思う。

幸せじゃないといけない訳じゃないから、生きるために逃げようか。



…あの子よりも幸せでいたいし人を羨ましく思う私が偉そうに書いてみました。不快に思うことがあればごめんなさい。


安らかに。