読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年賀状20170101

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

家の近くの氏神さまのところに初詣にいき、その後実家へ。3日間は休む予定です。

実家で夜な夜な昔の年賀状(ケース一杯の手紙たち)を見返していました。

懐かしい。読み返すのもおもしろいですよ。

友達や先生先輩後輩、お世話なったおじさん…懐かしい。お恥ずかしながら、名前だけでは誰か思い出せない方も…。

年賀状のバージョンがまたおもしろい。

手書き~プリントゴッコ~プリクラ~パソコン…。自分が出したのも歴代置いておけばよかったな~。

私の青春高校野球関係は楽しんでましたね~!

SNSが普及している今、ファンレターなんて文化はあるのでしょうか?

昔は自宅住所まで掲載されていた怖い時代でしたから、普通に自宅へファンレターを送ってました。怖い怖い。

すっかり忘れていたのですが、夏大会敗退後にいただいたと思われる「手紙」がありました。なんで忘れていたのか不思議なくらいです。

私は元旦から練習がある部活に所属していたのですが、その中学時代~雑誌を切り抜いたりしてました。そして雑誌に載っていたであろう住所にファンレターを書いたようです。怖い怖い。

けど、「長い間応援ありがとう」と「部活頑張って」と書かれた直筆の手紙にたまらなく懐かしく…頑張らねばと再度思った今日であります。

20年以上経ってますが、改めて感謝です。

甲子園で知り合った同年代の高校野球好きな子とも文通をしていました。今ならLINEやTwitterなんでしょうね。羨ましいけど今日のこんな気持ちになれたということはあの時代でよかったんでしょう。

あの時代の東洋推し、産大推しなどなど皆、推し高校愛にあふれていました(笑)。疎遠になったけど元気かな~。

生徒から沢山来るであろう年賀状に細かく近況や労いを書いてくれた先生も、今思うと大変なのに、あの時の自分にもっと感謝しなさいと言ってやりたい!

先生と言えば、卒業旅行で某高校バレー部の合宿と一緒になったのですが…そこの先生からもいただいている…ということは出してるのよね。私。

怖そうな顔だったし、高校名聞いてもちょっと怖いイメージだったし、けど初スキーの私達を教えてくれて、部員さん達も私達を面倒見てくれたことは記憶にあるのですが。なんで住所まで…?時代が今と違い過ぎるし、何をしているんだ、私?

断トツに多い手紙の差出人は幼なじみ。彼女は今でもマメで、先日も誕生日にメールをよこしてくれました。FacebookTwitterもしてない私の誕生日を彼女は毎年祝ってくれます。

歴代の誕生日おめでとう手紙も小学1年から沢山ありました。感謝やわ。本当にありがとう。

過去を振り返り、前へ進める。
手紙も年賀状もいいですね!